格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

 

格安スマホってなに?

皆さんの使っているスマホってどこのですか?Docomo?SoftBank?au?イーモバイル?ウィルコム?格安スマホ?
大体みなさんは、これらの大きな会社のスマホを使っていると思います。
今、さらに月額料金の安いスマホが登場してるんです。
格安スマホは、メールやインターネットなど、沢山使わないけど、それなりにスマホを使いたい人、月額料金を今より安くしたい人におすすめです。

 

イオンが格安スマホの販売をスーパーなどで台数限定で始め、主婦層にてとても好評だったことから、家電量販店や、プロバイダなども参入し、売り出すようになりました。格安スマホは、NTTDocomoやauといった企業の回線を借りているので、通話品質や速度などは大手の企業と同一です。大手企業のスマホの料金は私などから見ても高すぎで、一ヶ月に7,000円近く払ってるというのがどうも信じられません。ネット関連のサービスは基本無料などが増えてきてるのに通信費は月に7,000円も支払うのです。いったい何に使われるのか気になるところですね。。。だから格安スマホ!
その格安スマホも他社サービスも日々、参入してきて月々3,000円を下回るのは当然というようになってきていますね。

 

ではなぜ格安スマホは、安く出来るのか?

Docomoや、SoftBank、KDDIなどは、独自の通信基地局を持っていて、独自の設備を使っています。その企業をMNOー移動体通信事業者といいます。Mobile Network Operatorの略で、総務省から無線用の周波数を割り当てられています。
そして、格安スマホなどを展開している会社をMVNO-仮想移動体通信事業者といいます。MVNOは、自社での無線設備持っていないため、MNOから、回線を借りて運営しています。でも、Docomoや、SoftBank、KDDIなどから回線を借りても高くては、意味がありません。そこで、料金を高くしないように総務省が見張っています。そして、MVNOがユーザーに安く回線を提供出来るような仕組みになっています。そして、回線は、MNOとMVNOでは、同じ回線を使っているのでエリアは一緒です!

 

格安スマホ格安SIMの違い

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

このサイト「格安スマホ比較」は、格安スマホと格安SIMを分けて記載しています。スマホやタブレットPCがインターネットや通信をするには、必ずSIMカードが必要です。このSIMカードは、普通、スマホを借りる場合、スマホ一台に一つ付いてきます。SIMカードの中には、契約情報や、電話番号、通信会社などの情報がぎっしりと詰っています。このカードをスマホや携帯、タブレットなどに差し込むことで各社のアンテナにつながり、通信が可能になる仕組みです。

格安スマホは、このSIMカードとセットで販売することで、ユーザーにはとっても安価で提供しています。
ただ、安いから、スマホも良くないんじゃないの?って思うかも知れませんが、それが今は違うんです。
これを見ると、皆さんがいかに無駄なお金を払っているか良く分かりますよ。

 

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?<

楽天クリアランスセール開催中で、格安スマホ本体が安っ!
気になる方だけチェック!!⇒http://mobile.rakuten.co.jp/

 

知ってる人だけ得してる格安スマホ

皆さんは、携帯代を月にいくら払っていますか?(知らない人は損をする大手のスマホ)

Docomoの場合

タイプXi にねん 743円(2年間の契約)
Xiパケ・ホーダイ フラット 5,700円(7Gまで)
SPモード 300円
合計 6,743円+通話料+端末代金

DocomoのXiを例にしていますが、大体このくらいの金額を払っていると思います。通話料と端末代金は人によって差がありますが。。
たとえば、楽天モバイルを使うとどうなるか?早速今の料金を入力してシュミレーションをしてみましょう。

 

楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

スマホ料金シュミレーション

 

 

今月の格安スマホ比較満足度ランキング

楽天モバイル
格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる? 値段の安さ、安定性、カスタマイズのしやすさでNo1の楽天モバイル。ドコモSIMを採用しているので、Docomoを使っていた方が、料金が高いと感じ、楽天モバイルに切り替えるというのが多いというほど、格安スマホで、オプションをつけるとほぼDocomoのサービスと一緒になるほどです。初めての格安スマホなら、留守電、海外通話、緊急地震速報などの揃った楽天モバイルがおすすめ。

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

価格 通話SIMの金額 評価
3.1Gプランで端末込みでも月額2千円台から使える

3.1Gプラン:1,600円
5Gプラン:2,150円
10Gプラン:2,960円

格安スマホ比較

 

 

TONE(TSUTAYAのスマホ)
格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる? 月額1,000円で、データ制限なし、簡単、シンプルなスマホがTONEスマホ。Docomoのエリアで電話が可能で、これぞ格安スマホという感じです。初心者にもやさしい無料のアフターケアやTSUTAYAの店舗でもサポートが受けられたり、リモート遠隔操作でスマホの設定をやってもらえたり。

キッズスマホとしても、GPSがついているので現在地を検索したり、スマホの利用時間を制限できたり、アプリの制限も。LINEも使えて、GooglePlayからアプリもインストール可能です。
スマホ本体は、19,800円と29,800円のどちらかを選択可能で、月額1,000円+通話代だけ!シンプルな料金でも人気!

価格 本体価格 評価
月額1,000円+固定電話3分13円

IP電話は無料。

19,800円と29,800円のどちらか

格安スマホ比較

 

 

BIGLOBE格安スマホ
格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

BIGLOBEは、格安スマホでは、老舗的な存在。ほぼスマホという名前で、格安スマホの認知度がまだ無いときから商品を展開しています。
シェアパックという、複数人でのパケットを分け合えるサービスが人気です。
6GBで2,150円/月のライトSプランで、SIMを2枚で分けることができます。
家族や、カップルで分け合うととってもお得です。
余ったお金で、毎年ちょっとした旅行も可能ですよ。

価格 通話SIMの金額 評価

ZenFoneなら6Gプランで
月額1,150円+2,150円=3,300円で2枚までシェアできます。

ライトプラン2,150円(SIM2枚まで)
12ギガ3,400円(SIM4枚まで)

格安スマホ比較

 

 

 

今、一番人気の格安スマホ「楽天モバイル」の特徴

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

格安スマホを調べていますが、どこと契約したほうがいいのかさっぱり分からない方。一番人気の楽天モバイルが一番簡単な契約方法で安心ですよ。

また、お子さんに初めてスマホを持たせようとしている人や、シニア世代でガラケーからスマホに変更する人にも人気。
その楽天モバイルの特徴は、

  • とにかく安い
  • ドコモの通信エリアを使える
  • 月々のお支払でスーパーポイントが貯まる!
  • 契約期間中は、楽天市場でのポイントがずーっと2倍

更に今なら、楽天ポイントもプレゼント中なので、どの格安スマホにしようか迷ってしまったあなたは、楽天モバイルの公式ページをチェックしてみてくださいね。
楽天モバイルには、他の格安スマホにはないサービスも・・・

 

スマホ選びに迷っているなら日本製の格安スマホ「arrowsM03」

ワンセグ・防水、防塵、耐衝撃、おサイフケータイバッテリーが長持ち。

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

その証拠がコチラ

 

 

 

アドレス帳・写真移行サービス-今の携帯電話やスマホのアドレス帳や写真の移行は、結構大変ですよね。そんな時はこのサービスを使ってみてください。
サポートも充実-スマホの初期設定や使い方を電話でサポートしてくれます。
端末補償やスマホサポートパックも-万が一のトラブルや機器の故障など、端末補償をパックにしたサービスです。
その他、留守番電話機能や、キャッチホン転送電話国際電話国際ローミングサービス迷惑電話ストップサービスなども備えているので、もう機能は、大手のスマホと同じ、格安スマホに乗り換えないほうが損ですよね!!

楽天モバイル

 

では、格安スマホを使うとどうなるか?

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

ソフトバンクやDocomo、auなどのスマホから、最近人気のUQモバイルに変えた場合、月額は2千円台になります。また全てネットから電話番号を変えずに購入可能なので自宅にいながらスマホを交換することだって可能です。

UQモバイルの特徴は、格安スマホながら、速度が普通のスマホと同じ位速く150Mbpsになります。また、800MHzのロスが少なく遠くまで電波が届くau通信網を使っているため、ストレス無くデータ通信も可能です。今使っているスマホの月額料金が約半額になりませんか?
公式サイト⇒UQモバイル

 

UQMobileやSo-net以外でも、スーパーから家電量販店、ネットまでさまざまなMVNOやプロバイダが格安スマホを発売しています。速度や通信制限、料金など差がありますが、それらの特徴を次のページで解説しています。
各社の格安スマホ一覧>>

 

では、自分はどのくらいの通信量を使っているのか?

自分の通信量を見るアプリがスマホに入っているのでこれで確認が可能です。

 

月間1Gでどれだけ使えるのか?

Webページ毎日60分、メール毎日50通、IP電話毎日15分、動画毎週7分これだけ使えます!
また、家が無線LANの場合、WiFiをOnにして無線LANに繋げることで、1Gにはカウントされません。そしてWiFiスポットでももちろんカウントされません。

 

格安スマホ端末はどうなの?

格安スマホ比較 あれっ、そんな高いスマホまだ使ってる?

でも最新のスマホ端末が欲しいという方には、Sony製のXperiaの格安スマホもあります。インターネット大手のプロバイダSo-netから出しているこのプラン、日本製だけあって機能が充実しており、他のスマホよりも人気があり売り切れるほどのXperiaですが、この安さで購入することができ、月の料金も3000円台。So-netのプランの特徴は、月間の制限を廃止していること。この制限が無くなったことで、ゲームを沢山する方や、動画や音楽を沢山ダウンロードする方にとってはうれしいプランです。音声通話はもちろん、メール、インターネット、アプリ、カメラ、テザリングもできます。カメラのスペックもデジカメ並みの高解像度、防水、音楽なども充実。売り切れていたらゴメンナサイ!

格安スマホ Xperia

 

 

電話番号を変えずに、今のスマホから、格安スマホに移行する方法

電話番号を変えずに、今の高いスマホをやめて、格安スマホを使う方法は、
@こちらのページを参考にMNP予約番号を取得
Aこちらから格安スマホを購入するだけ!
全て自宅にいながら簡単に移行できるのがいいですね!

 

その他の格安スマホを出しているMVNO

スマホ本体は持っていて、SIMだけ安くしたい人はSIMカード比較を参考にしてみてください。
こちらでご紹介した端末以外でも格安スマホを出しているMVNOはいくつかあります。月300回の通話無料のワイモバイルから、速い、つながるauの格安スマホ、新規参入も相次いでおり、今が旬といってもよいでしょう。こういう時のキャンペーンが一番お得です。
その内容は次のページで詳しく解説しています。
格安スマホキャンペーン

 

いつまで大手電話会社じゃなきゃダメだっていうプライドを持ってるつもり!?

 

そろそろ格安スマホで節約しませんか?