格安スマホ比較 まだそんなに高いスマホ使ってるの?格安スマホ比較したらこんなに安くなる!

格安スマホ端末の種類(デュアルSIM)

デュアルSIM端末を使うと、2つのSIMを使って、2つの電話番号を使い分けたり、2つのデータ量を使い分けたりすることが可能です。
このデュアルSIM端末の種類について、解説します。
デュアルSIM端末には、シングルスタンバイ、デュアルスタンバイ、デュアルアクティブの3つの方式があります。

 

シングルスタンバイ

格安スマホでも主流になりつつあるシングルスタンバイは、2枚のSIMカードをスマホに差して、どちらか片方で通信、または電話をする方法自分で切り替える必要がありますが、片方をデータ専用、もう一方を通話+データなどの契約の場合、どちらかのデータ量を使い切ってしまったら、もう片方に切り替えてデータ通信を行ったり、テザリングなどを使う場合に、データ専用SIMに切り替えたりとして使うことができます。
大手のスマホに契約しておいて、もう一方にデータSIMを入れておけば、月末になりパケ死(データ制限がかかってしまった)で通信速度が遅くなってしまった場合、格安SIMを差したほうで、インターネットを楽しむことも可能です。

 

デュアルスタンバイ

デュアルスタンバイとは、同時待ち受けができる端末。格安スマホでも対応している端末はいくつか発売されています。このデュアルスタンバイは、通話は、通話SIM、インターネットはデータSIMを使うのは、シングルスタンバイでもできますが、デュアルスタンバイは、両方のSIMで待ち受けが可能です。これを使うことで、通話SIMを2つ差しておくことで、電話番号を2つ持って仕事用、プライベート用と使い分けることが可能です。

 

デュアルスタンバイに対応している格安スマホ
Moto G4 Plus

格安スマホ端末の種類(シングルスタンバイ・デュアルスタンバイ・デュアルアクティブ)

デュアルスタンバイに対応している格安スマホは、Moto G4 Plus。1600万画素。5.5型液晶で内蔵メモリもRAM:3GB ROM:32GBとスペック的には、Goodです。

取り扱い格安スマホ会社 DMMモバイル BIGLOBE

 

Zenfone3

格安スマホ端末の種類(シングルスタンバイ・デュアルスタンバイ・デュアルアクティブ)

Googleタブレットや、PCメーカーとしてもおなじみのASUS製スマホ。1600万画素カメラ。ROM32GB、RAM3GBとこちらも高スペックの格安スマホです。液晶は5.2インチとMoto G4 Plusよりも少し小さめで持ちやすさ、薄さは手にとてもフィットします。

取り扱い格安スマホ会社 楽天モバイル DMMモバイル BIGLOBE OCN

 

 

デュアルアクティブ

デュアルアクティブとは、同時利用が可能な端末。たとえば、1つ目に音声通話SIMを入れて、もう片方にデータSIMをいれれば、音声通話SIMを使って電話中に、データSIMを使ってインターネットが可能な端末のことを言います。
デュアルアクティブ端末は、まだ日本では発売されていません。