格安スマホ比較 まだそんな高いスマホ使ってるの?

各社の格安スマホが出てから料金的には安いのは分かりました。でも実際の通信量はどのくらい使えるのでしょうか?
ここでは通信制限がどのくらいか調べてみました。まずは通信制限とは何か?説明します。

 

通信制限とは?

格安スマホ 通信制限比較

通信制限とは、ある一定以上の通信をすると速度が制限され、遅くなります。

あまり知られていないことも多いこの通信制限ですが、実は、今お使いのスマホも通信制限が存在しています。各社ともプランによってその通信量は違いますが、
基本的にスマホの場合、ひと月に7GByteというのが一般的です。ただ7GByteというのは動画を沢山見ていたり、ゲームなどをいっぱいやっている方はそれなりの通信量を使っています。
そして、格安スマホの場合、プランによって通信制限される通信量が決まっています。
安いプランであれば、あるほどその量は、少ないですが、逆にあまり使わない人にとっては月額が安くなる秘策ともいえるでしょう。

 

安さを取るか、速さを取るかので、通信費を今より大幅に節約できますよ。

 

格安スマホ通信制限

格安スマホにもそれぞれ通信制限があり、使える容量が多ければ多いほど料金も少しずつ高くなっていきます。
各社の通信制限は以下の通りになっています。
イオンの格安スマホ 最初から200Kbpsに制限されています。
ビックカメラの格安スマホ 月に1GBを超えると200kbpsに制限されます   
BIGLOBEほぼスマホ 月に1GBで2,776円、月に2GBで3,381円、月に3GBで4,714円、大手のスマホと同じ月に7Gでも5,666円なんです。
一番実用的なのは、BIGLOBEですね?!

 

BIGLOBE

BIGLOBE公式サイト⇒http://join.biglobe.ne.jp/