格安スマホや格安SIMカードの裏事情

一体どうやって格安スマホや格安SIMカードは成り立っているのか?

格安スマホや格安SIMカードの裏事情

格安スマホや格安SIMカードというキーワードを日常で見掛けるようになりました。ドコモやAU、ソフトバンクのスマホは、何故高いのでしょう。

逆に、格安スマホや格安SIMカードは、どうしてやっていけるのでしょう。その疑問点を探ってみたいと思います。

 

格安スマホは、限定販売がほとんどです。私が知っている限りでは、イオンとビッグカメラ,ヨドバシカメラで販売しています。
これらは、社会実験的であり、採算よりもビジネスモデル調査と言えるでしょう。やってみて、採算ベースに乗るなと思えば、大々的に事業を拡大していくものと思われます。
ただ、端末代で込みで月々3,000円未満というのは、今までの常識をぶち壊す価格破壊といえるでしょうね。

 

しかし、一方の格安SIMカードは、限定ではありません
SIMカードに至っては、月々の利用料が、1,000円未満から使用可能です。
スマートフォンは、各自で購入する必要がありますが、所持していれば、格安SIMカードの月額料金の月々1,000円しか掛かりません。
これは、とても大携帯電話会社が、真似できる事ではありません。

 

格安!のカラクリ

格安スマホや格安SIMカードの裏事情

このカラクリは、簡単です。

自社で回線を持たずに、回線を借りているからです。携帯電話会社だと、一事業部に過ぎない存在です。
借りた回線の料金より少し上乗せした料金で済むのは、人件費や営業費が、掛からないからです。
ただし、遅い回線網であり、動画を見る事は、ほぼ無理です。つまり、速い回線網は、携帯電話会社が、優先的に使っているという事です。
それで、価格の差別化をしているという事です。
メリットもあります。メールや、インターネットをほとんど見ない人にとっては、格安SIMは、月額料金を抑える意味でとっても良い商品だと思います。
メールの転送には速度はほとんど影響せず、またスマホでちょっとした調べものをする際であれば、大してきになりませんからね。

 

結局、スマホで何が変わったかと言えば、音声通話よりデータ通信が、重要視されるようになったという事です。更に、それに輪をかけたのが、ラインの普及です。
携帯電話でもインターネット回線を使う人々は多かったですが、スマホ移行により、より顕著化したといえます。
つまり、電話機能がなければ、他事業者の参入も容易であり、それで事足りるのは、ラインの普及のおかげだといえるでしょう。

 

格安スマホや格安SIMカードの裏事情